【日本カビ】感染経路や予防方法、対策と感染者の特徴、部位についても

世界的大流行を引き起こしていることがわかった「カンジダ・アウリス」
通称「日本カビ」。

海外で大流行し、死亡例も報告されていることから
今後、注意が必要です。

スポンサードリンク

日本カビの感染が報告されている国々

日本カビは、
帝京大大学院医学研究科の槇村浩一教授が
平成17年に70歳の女性患者の耳漏(耳だれ)から発見しました。

平成21年に「新種」として世界で初めて報告した真菌(カビ)で、
「カンジダ・アウリス」(通称・日本カビ)と名付けられました。

このとき見つかったカビは病原性が低く、
抗菌薬に対する耐性も示さなかったそうです。

その後、
韓国やインド、パキスタン、英国、米国、南アフリカなど
海外でも同じカビが発見されています。

2011年には韓国の感染患者が敗血症で死亡する事例が報告されました。

アメリカでも、昨年7例、今年122例の感染が報告され死者も多数報告されています。

イギリスでは、8月までに200例以上の感染が確認されています。

こうしたことから、
日本カビは、新種の真菌発見報告こそ日本が初めてでしたが、
感染が日本から広がったというわけではなく、
もともと各国に同種のカビがあったとみられています。

論文になっていないものも含めると、
日本カビ感染症の報告は、以下の国々から上がっています。

  • アメリカ
  • イギリス
  • コロンビア
  • インド
  • イスラエル
  • ケニア
  • クウェート
  • パキスタン
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • ベネズエラ

感染経路

感染経路については、明らかにされていませんが、

『医療従事者向け手指総合衛生サイト』によると、

これまでの感染事例で言えるのは、医療関連感染で最も報告が多く、特に数週間以上の長期入院に強く関連しているということです。感染部位は、血流、創傷そして耳炎ですが、尿路や気道から分離された例も報告されています。感染のリスクファクターは他のCandida spp.と同様で、手術直後や抗菌薬の使用、CVカテーテルの挿入などが挙げられます。また抗真菌薬治療中に他のCandidaと混合感染となった事例も報告されています。

参照:http://www.goodhandhygiene.jp/kind/multidrug/

とのことですので、まとめると、

感染者の特徴

  • 数週間以上の長期入院患者
  • 抵抗力の弱い入院患者

感染部位

  • 血流
  • 創傷
  • 耳炎
  • 尿路や気道から分離された例もアリ

考えられる要因:リスクファクター

ある特定の疾病を発生させる確率を高めると考えられる要素は、
現在のところ

  • 手術直後
  • 抗菌薬の使用
  • CVカテーテルの挿入

であるようです。

以上を踏まえ

抵抗力の弱った入院患者でも、手術直後でもなく、抗菌薬不使用、CVカテーテル挿入なしであれば感染の心配がないかといえばそうでもないようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

耐性化により、今後は感性経路の拡大か?

これまで、
日本カビの感染は、長期入院の抵抗力の弱った患者で、
医療関連での感染という例が最も多く報告されていましたが、
株の耐性化が進む今後は、
新たな感染経路の拡大の可能性が高くなるそうです。

帝京大の槇村浩一教授は、

「日本では明らかな耐性化は認められていないが、海外で強毒耐性化した真菌が、健康な人の体にすみ着いて日本に持ち込まれる可能性は高い」

と話しています。

日本上陸の脅威もさることながら、
耐性化が進むことで治療薬が効かないというのも大きな懸念です。

懸念されるのが、治療薬が効かない耐性化だ。米国では9割以上の株が、最優先で選択される治療薬への耐性を獲得。半分の株は2種類以上の抗菌薬に耐性を持っていた。全抗菌薬が効かない株も4%あったという。韓国やインドでも耐性化が確認されている。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/13719282/

感染したときの治療薬が効かないとなると、
予防法などの対策をしっかりとしておきたいものです。

感染対策、予防法について

日本カビの日本上陸の可能性も高まり、感染した際の治療薬が効かないとなると、
やはり予防をしておきたいところです。

が、これまでのところ、長期入院の抵抗力の弱った患者で、医療関連での感染という例が最も多く報告が上がっていることから、その環境下での予防法以外は見つけることができませんでした。

ご参考までに、先述の『医療従事者向け手指総合衛生サイト』によると、

・・・施設内で伝播する大きなアウトブレークに至る可能性があります。本真菌の感染が確認された場合は、隔離と標準・接触予防策を講じることが重要ですが、診断が出来ない場合も十分考えられますので、日ごろから【病原性の強いカンジダ】もありうるのだということを念頭におき、標準予防策を徹底していただきたいと思います。なおCandidaは胞子を作らない真菌なので、エタノールによる消毒が効果的です。

とのことでした。

日本に日本カビが上陸する可能性は懸念されていますが、
現在のところは通常の暮らしで感染する可能性についての報告は特に見つけられず、
そのため、これまでの調べから、日頃の感染予防としては、
「抵抗力を高める」ということが大事だとわかりました。

「抵抗力を高める」ことは、
日本カビの感染予防に限ったことではなく、
健康に生きていく上での基本ですので、
今後の生活習慣を見直すよいきっかけにするとよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。