【年賀状の文例】心動かす一言《相手別まとめ》友達・上司・部下・親戚・恩師・取引先等

引用:ピクサベイ

今年も郵便局より、年賀はがきが発売されました。

年賀状は書き終わるまでが大変ですが、
いつも会う人から
ご無沙汰な人なら唯一つながりを感じられる
年に一度の同窓会のようなものです。

ありきたりだけで終わらず、何かいい言葉を添えたいですよね。

そこで今回は、年賀状に添え書きする文例と、
読む人の心が動くポイントを合せてご紹介していきますので、
よかったら参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

年賀状に添える、心が動く一言とは

引用:https://online.brother.co.jp/ot/dl/Contents/nenga/nenga_basic/

誰もが楽しみにしている、年初めの年賀状。

近況報告や今年の目標ももちろんですが、
例えば、自分と相手にしかわからない共通の話題が書かれていたら
より新密度が増しますよね。

ご無沙汰している友人には、
同窓会などで話すような、昔の思い出話。

なんでもないようなエピソードひとつさえも
ほっこり和む小話になります。

普段からよく会う友人には、
相手の好きなものや趣味にスポットを当てて、
「また面白い話がききたいです」
「今年もご活躍を楽しみにしています」など。

または、相手が頑張っていることがあれば
「いつも応援しています」
「何かあったらいつでもご相談くださいね」といった、
「遠方にいても、身近のように感じていますよ」
「私はあなたの味方ですよ」的なメッセージがあると
もらった人は心底うれしい気持ちになるものです。

どんな年賀状を書こうか、
次にご紹介する文例をごらんいただきながら、
一人ひとり、イメージしてみてくださいね。

相手別の年賀状文例とポイント

会社の上司へ

昨年は格別のご指導を賜り 厚くお礼を申し上げます

旧年は温かくご指導くださり 誠にありがとうございました

〇〇プロジェクトでは大変お世話になりました

さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です

今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます

本年もご指導のほど よろしくお願いいたします

今後も〇〇の件など ご教授ください

■ポイント

マナーを重んじる上司にとって、年賀状は大切な風習です。

丁寧な年賀状や日頃の感謝の言葉は好印象を与え、
今後の関係が良くなることも多々あります。

あなた自身のイメージアップに、良いきっかけになるのではないでしょうか。

ここは失礼のないよう、マナーをしっかり守って書きましょう。

部下、後輩へ

着実に成果を上げていて頼もしい限りです

あなたの仕事への姿勢に感動しました

さらなる成長を期待しています

■ポイント

(※会社の人に年賀状を出すときは、暗黙の禁止になっていないかチェックしましょう)

後輩や部下に送る年賀状は、
上司や取引先に送るほどかしこまらずとも、
ビジネス的な挨拶のほかに、
自由に一言添えられるスペースをつくり、
後輩に威圧感を与えない文面を考えましょう。

例えば、日頃の感謝の気持ちを書くのは誰もが喜びます。

一緒に仕事を成し遂げたのなら、
「あなたの頑張りのおかげで○○は成功しました、とても感謝しています」
など、具体的な内容があればシンプルに伝えられます。

そして、
「これからも頑張りましょう」
「また一緒にやりましょう」
など、今後の前向きな展望が垣間見えると
直属の部下にとっては嬉しいものです。

さらに、仕事以外にプライベートのことに触れるのも、
距離感を縮めることができる年賀状になるかもしれません。

褒める、距離を縮める、威圧感を与えないようにすることを気遣えば、
部下や後輩に喜ばれる年賀状になるでしょう。

同僚へ

私が仕事を続けていられるのも○○さんのおかげです。 今年もよろしくね

いつも助けてくれてありがとう

○○さんのいつも仕事に前向きなところを尊敬しています

○○さんにはいつも刺激を受けています

今年は一大プロジェクトが控えています。 一緒に頑張ろうね

今年も助け合って頑張ろう!

私たちも入社○年目 お互い飛躍の年にしたいですね!

今度女子会をやりましょう!

■ポイント

(※会社の人に年賀状を出すときは、暗黙の禁止になっていないかチェックしましょう)

会社の同期・同僚への年賀状は、
感謝の気持ちや励まし、いたわりの言葉のほか、
食事や飲みのお誘いなどいかがでしょう。

友人へ

今年も飲みに行きましょう

いつも ありがとう!

今年こそゆっくり会いたいですね

毎年 賀状の家族写真を楽しみにしています

今年も切磋琢磨してがんばりましょう

新年会で会えるのを楽しみにしています

■ポイント

気心の知れた友人たちへ送る年賀状は、
内容的にも親しみに満ちている文面が多く、
たくさんの年賀状を出す中でも、その多くは友人へ当てたものでしょう。

ひとりひとりの顔を思い浮かべて、相手を思いやる心を込めて、
その人にピッタリな文面を考えて書きましょう。

たまにしか合わない友達もいれば、頻繁に顔を合わせる友達もいます。

最低限のマナーは維持しつつ、
今年の抱負や近況報告などと、つい自分の話ばかりになりがちですが、
ここは相手にスポットを当てて、喜ばれる一言を添えましょう。

スポンサードリンク

親族・祖父母へ

ご無沙汰しておりますが お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか

どのような新年をお迎えでしょうか

おかげさまで家族一同元気に新年を迎えております

今年はぜひ家族そろってお伺いしたいと思っております

お体を大切にしてくださいね

寒さ厳しき折 ご自愛ください

今年はお会いできるのを楽しみにしています

先日は娘の結婚式にご出席いただき ありがとうございました

お祝いでいただいた○○、大事に使わせていただいています

○○君もさぞかし大きくなられたことでしょうね

■ポイント

親戚や祖父母への年賀状の場合には、家族の近況報告や、
相手の方やその家族を気遣う内容を書くといいと思います。

冠婚葬祭が最近あったら、そのことに触れてもいいですね。

恩師へ

ご無沙汰しておりますが お元気でご活躍のことと思います

おかげさまで忙しいながらも充実した日々を過ごしております

○○先生のようなあたたかい教育者を目指して日々生徒たちと格闘しています

同窓会でお目にかかるのを楽しみにしております

〇〇先生のご健康をお祈りいたします

向寒の折くれぐれもご自愛下さい

■ポイント

恩師に年賀状を送るときには
感謝の気持ちももちろんですが、
こちらの現況や
恩師の健康への気遣いを入れた文章にすると
喜んでもらえます。

恩師に年賀状を送るのはちょっと気恥ずかしいものですが、
年賀状を受け取った先生は
「おっ、あいつから来たか」と必ず喜んでくれます。

今年は思い切ってお世話になった恩師に
年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

取引先・お得意様・顧客へ

今年も皆様のお役にたてるよう 一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります

本年も社員一同さらなる努力をもって 皆様のお役に立てるよう頑張る所存です

本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます

本年も変わらぬご交誼のほど何卒よろしくお願い申し上げます

○○さんのご来店をお待ちしております

貴社益々のご発展をお祈り申し上げます

御社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

■ポイント

取引先やお得意様に送る年賀状は、
挨拶や感謝の気持ちを表すと同時に、
営業ツールとしても一役かってくれます。

時間のあるお正月は通常のDMより
じっくり読んでもらえる可能性も高いので
出さない手はないです(^^)

そして数あるDMの中でも「特別感」を出すためには、
「手書きの言葉」を添えると、より注目されるでしょう。

「お変わりありませんか」
「旧年中は大変お世話になりました」
など、どなたにも使えるような言葉が感じ良く仕上がります。

ご自身からの相手別へのメッセージ、イメージできましたか?

さあ書くぞ!といきたいところですが、ちょっとお待ちを。

親しき仲にも、礼儀ありです。

次に、年賀状に使ってはいけない言葉を紹介していますので、
うっかり失礼のないように気を付けながら
作業を進めていきましょう。

年賀状に使ってはいけない言葉

新しい年の最初のご挨拶には、忌み言葉を使わないように気をつけてください。

忌み言葉とは、おめでたい場ではタブーの言葉の事です。

年賀状を書く際のNGワードとしては

「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」

「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」等があります。

これらを年賀状に使うのはタブーとされています。

更に、「去」には「別れる」「離れる」という意味
「昨年」「旧年」などと言い換えると良いでしょう。

お祝いの場にはふさわしくないこれらの言葉には注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、年賀状のメッセージを
どんなものにしようか悩んでいるあなたへ

1.年賀状に添える、心が動く一言とは

2.相手別の文例とポイント

2-1.会社の上司へ

2-2.部下、後輩へ

2-3.同僚へ

2-4.友人へ

2-5.親族・祖父母へ

2-6.恩師へ

2-7.取引先・お得意様・顧客へ

3.年賀状に使ってはいけない言葉

4.まとめ

以上について、お伝えしました。

文例はあくまでも例なので、
そのまま使っても良いのですが、
自分の言葉を意識して
できるところはいろいろアレンジしてみて下さいね。

最後まで読んで下さったあなたへ

私がきいた、年賀状にまつわるちょっといい話をお教えしましょう。

とある会社員のAさんは、急に入院し
数か月会社を休まなければなりませんでした。

年明けには退院ですが、しばらくぶりに復帰することに
Aさんは、ちゃんとやれるか不安でたまりませんでした。

そんな時、同僚から年賀状が届き、
最後の一文に手書きでこう書かれていました。

「待っています」

Aさんはこれを見たとき、
はじめて復帰に対して前向きになれたそうです。

言葉が持つチカラ。それは時に、人生に影響します。

年賀状に「平成」と書くのは、もう来年が最後になります。

この時代の節目に、あなたはどんな言葉を添えますか?

この記事が少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。