七五三のお返し内祝いのマナーまとめ!両親が喜ぶ品物や相場は?のしの書き方も

七五三でお祝いをいただいたら、

原則としてお返しは必要ないとされていますが、

それってどういうことなのでしょうか?

お祝いをくださった相手への感謝のきもちと、

おつきあいを大切にしていきたいきもちを表すには

どのように対処していけばよいか、気になりますよね。

そこで今回は、

七五三のお祝い返しのマナーについてご紹介してまいります。

スポンサードリンク

七五三とは

七五三とは、子どもの成長を祝い、今後の健康を願う行事です。

つい100年ぐらい前までは、

日本でも、貧困や衛生、医療面などの問題から

乳幼児の生存率は今ほど高くありませんでした。

三歳、五歳、七歳をひとつの節目として、子どもが無事に育ったことを祝い、

すこやかな成長を祈る儀式として神社や氏神にお参りをする行事が定着したのが

七五三だといわれています。

本来、七五三は、11月15日に行われる行事ですが、

その日は祝日でないため、10月中旬から11月下旬の間で、

両親が揃うことのできる土日祝日や、縁起の良い日(大安、千勝)などに

お祝いをする家庭が多いようです。

地域によって慣習に違いはあるものの、

七五三の当日は近所の神社や少し遠方の有名な神社に出向いて

参拝をしたり祈祷を受けたりします。

その後、写真館やフォトスタジオで写真を撮り、

レストランやホテル、自宅などに親戚を招いて祝い膳を囲むのが一般的です。

つぎに、七五三のお返しとはどういうものなのかについて説明します。

七五三のお祝いには、特別にお返しを贈る必要はないといわれています。

その理由としては、子どもに対してのお祝いにお返しは必要ないということと、

七五三の日に宴の席をもうけ、お祝いをくれた人を招待することが

お返しにあたるからとされています。

しかし、高額のお祝いをもらったときや、宴会に招待できないときに、

お返しとして内祝いを贈ることがあり、最近はこのケースが増えてきています。

それでは、いよいよ本題に入っていきましょう。

《内祝い》と《お返し》の違いについて

内祝いとは、本来、身内のお祝いのことを指します。

「自分の家(家=内)におめでたいことがあったから

その喜びを皆様と分かち合いましょう」

というのが本来の意味とされています。

そのため昔は、お祝いをもらった・もらっていないに関わらず

自主的に内祝いを贈っていました。

現在では、内祝いとは、「いただいたお祝いのお返し」という意味が強まり、

「内祝い」と「お返し」が、同じ意味で使われることが多くなっています。

ここで

※両親にお返しは必要?

かどうか、迷う人もいるかと思います。

また、ご両親の方でもお返しを遠慮されることも多いかとも思います。

ただ、ここは、

わが子の成長を祝うと同時に、

親である自分たち自身も一成人、一社会人とし常識あるふるまいをして

ご自身のご両親もわが子(自分たち)の成長を感じ

安心していただく良い機会にしてみてはいかがでしょう。

というわけで、ご両親に対してもお返しを贈るのが適切ではないかと考えます。

ご両親が喜ぶオススメのお品といえば、

なんといっても

七五三の写真や、

子どもの描いたお絵かき(じいじばあばの似顔絵など)

内祝い本来の意味を汲んだ

本当に気持ちのこもっているすばらしい贈り物になるのでは

と思います。

※ご両親以外の方へのお品については、また後ほど触れますね。

次に、

お返しの相場について

七五三のお返しの相場はもらった金額の半分か

三分の一を目安に予算を立てると良いでしょう。

貰った金額以上の値段で返すことは

「お祝いをもらって迷惑」という意味になるので

注意が必要です。

高額なお祝いをもらったとき

相場通りにお返しをすると

かえって気を遣わせてしまいます。

その場合は、一万円ぐらいにおさめた方がよいかと思います。

兄弟一緒に七五三をお祝いしたときのお返し

それぞれにお祝いをもらったときは、お返しも別々に贈ると感じがよいです。

ひとつの箱で贈ってもいいのですが

中をあけたらちゃんと別々になっているよう個々に包装しましょう。

贈る時期はいつ頃?

お返しは、「なるべく早く」が基本です。

時間が経ってから贈るのは、かえって失礼にあたるとのこと。

お祝いをいただいてすぐか、遅くても1~2週間以内に贈るのがマナーです。

もしすぐに用意できそうになかったら

お祝いを受け取ってすぐにお礼の電話をいれておきましょう。

その時は、子どもにも代わって話をさせるととても喜ばれます。

贈るもの(品物)はどうする?

内祝いの代表的な贈り物の品物としては、次のようなものがあります。

●千歳飴

千歳飴の粘り強く、細く長い形状には

長寿と健康を願う意味が込められています。

これをご利益のおすそ分けとして

あなたもどうか長生きしてください

という意味になります。

紅白の色は、縁起のよいことを表しています。

内祝い用に、のし袋が付いた千歳飴も販売されています。

●お赤飯

昔からお祝い事の際に近隣に配られていたことや、

赤い色が邪気をはらうといわれていることから、

七五三の内祝いとして親しまれてきました。

●菓子や日用品

ゼリーやカステラ等のお菓子、

ブランド物のタオルや石鹸などの日用品が人気ですが

ギフトカタログだと先方の好きなものを選んでいただけます。

選ぶのが面倒に思えたら、商品券にするという方法もあります。

相手の好みや年齢に合わせて贈ることができるのがいいですね。

避けたほうがよい贈り物(品物)は?

陶器類は、割れる、壊れるという意味合いがあります。

はさみ・包丁・ナイフなどは、

縁が切れるという意味につながるのでご法度とされています。

また、相手に気を遣わせてしまうような高価なものも、避けたほうがよいでしょう。

のしは必要?書き方は?

お土産やプチギフトといった気軽なプレゼントとは異なり

内祝いは日本の慣習がベースになっています。

そのため親しい間柄であっても、のしや包装をしないのはNGです。

のしには包装された品物の上にかける「外のし」と、

包装紙の内側にかける「内のし」の2種類があり、

郵送する場合には、配送中に傷がつかないように内のしが良いとされています。

のし紙の種類は、紅白蝶結びになります。

子どものお祝いは何度祝っても良いこととされているので、

何回でも結びなおせる蝶結びにします。

書き方は、

上段に「内祝」または「七五三内祝」、

下段に子どもの名前を書きます。

名字は書かなくても構いません。

スポンサードリンク

郵送を考えている方へ

郵送は失礼にあたらないか気にされる人もいると思います。

結論から申しますと、郵送は失礼にはあたりません。

手渡しの場合はお礼の言葉を直接お伝えできますが、

郵送にもさまざまな利点があります。

例えば郵送なら相手の方に手渡しのための時間をとらせずに済みます。

手渡しのために遠方へ出向くとかえって恐縮させてしまいかねません。

また、郵送は希望日に届けてくれる手段といえるでしょう。

お返しには欠かせない、カードやあいさつ状のこと

内祝いの手配で忘れがちなのが、贈り物に添えるカードやあいさつ状です。

内祝いをお贈りするシチュエーションは人生の大きなイベント時が多いためか、

バタバタと準備するなかで省略してしまう方が少なからずいるようです。

しかし、カードやあいさつ状は

何のための贈り物なのか、何に感謝したのかをお伝えするツールです。

品物だけでは不十分な気がします。

内祝いの数が多い、手書きが苦手

という場合は印刷でも構いませんので、

カードやあいさつ状は必ず添えるようにしましょう。

お手紙の例文についてはまた別途ご用意いたしますね。

↓ご用意できました!

七五三のお返しの手紙は、はがきor封書? 縦書きor横書き? 手紙のための筆記用具の選び方、相手別お礼状の例文集など、手紙の書き方をまとめてご紹介します。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、七五三のお祝い返しについて、

以下のことがらについてそれぞれ詳しくみていきました。

1.内祝いとお返しの違いについて
2.お返しの相場は?
3.贈る時期はいつ頃?
4.贈り物(品物)はどうする?
5.避けたほうがよい贈り物(品物)は?
6.のしは必要?書き方は?
7.郵送を考えている方へ
8. お返しには欠かせない○○

冒頭でもご紹介したように

お祝い返しは不要だとされているからか、

「お返しはいりません」と断るところもあるようです。

そういう場合は無理強いせずに、

相手の方の気持ちを尊重し、

お礼の手紙を七五三の写真に添えて送るなどして

お返しに代えるとよいでしょう。

ケースバイケースでも、まごころをあたたかく贈ることに、変わりはありません。

こどもの健やかな成長を一緒になって願い、喜んでくださる方へ

まごころ伝わるお返しであることがいちばんです。

みなさま、よい七五三を迎えられますように願っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。