レディ・ガガ活動休止!理由は病気《線維筋痛症》or結婚?復帰ライブはいつ?

レディ・ガガさんが、12月中旬から活動休止することを発表しました。

いちファンとしては、寂しいような少しほっとしているような

複雑な心境です。

というのも・・・

●活動休止の理由 その真相は?

ガガさん本人が

ドキュメンタリー映画「レディ・ガガ: Five Foot Two」プレミア上映に関する記者会見で

磨製疼痛に悩まされていて、すごく大変だと涙ぐみ

「休もうと思っている。期間はわからない」と話しています。

本人が口にした活動休止の理由のようですが・・・

真相はどうなんでしょう?

⇒9月13日追記

ガガさんの病名が明かされました。

引用:CNN

ガガさんはツイッターで「線維筋痛症」という病名を明かし、(近く公開される)ドキュメンタリーが啓発と患者同士の出会いにつながることを願っていると述べた。

「線維筋痛症」は全身に痛みが起きる慢性疾患で、極度の疲労感や睡眠障害、抑うつ、頭痛を伴うこともある。

スポンサードリンク

ガガさんはこれまで5作のアルバムを発表し

つねにライブをこなしてきています。

そのうえ、世界的スターしての生活は

私たちには計り知れないストレスがあることでしょう。

ガガさんといえば、

以前、アメリカNBCテレビの『トゥデイ・ショー』

心的外傷後ストレス障害(PTSD)と戦っていることも

明かしています。

慢性的な体の痛み、トラウマからくる心の痛み

さらに日々のストレス・・・

と、きっと理由は決定的なひとつではないのかもしれません。

ファンのひとりとしては、

活動休止の理由が

結婚だとかハッピーなものであってほしいな

と願います。

ガガさんの彼氏といえば

彼女のエージェントを務めるクリスチャン・カリーノ氏。

今年初めから交際スタートし

順調に愛を育んでいるようすですね。

引用:http://img.ellegirl.jp/var/assets/storage/images/media/images/aflo_lkgh536924/1624532-1-jpn-JP/aflo_LKGH536924_rect490.jpg 

ニュースサイト「E!ニュース」によると

ガガさん本人がステージで、

クリスチャン・カリーノ氏のことを話題に出したそう。

あいにくの雨のなか、

野外だったためステージが滑りやすくなっていたところ

カリーノ氏がステージの袖でガガのことを見守っていて。

「バックステージに行ったとき、

滑らないようにクリスチャンが階段のところにいてくれたの」

とガガさん自身が語り、つづけて

「恋愛の一番素敵なところは

転んでしまったとき愛している人が受け止めてくれることよね」

とノロけまで!

お幸せそうでなによりです。*^^*

交際発覚から半年、

カリーノ氏にについてコメントしてこなかったガガさんですが

ステージで堂々と「愛している人」と認めるということは・・・

真剣にお付き合いしているという証ですよね!

今回の活動休止は

もしかして

真剣交際の末の結婚への準備

なんて可能性も・・・

あるかもですね。

●ライブ活動復帰はいつ?楽曲は?

まず、活動休止

8月からスタートした「ジョアン・ワールド・ツアー」を終えた後のタイミングのようです。

再開については

で「どれくらいの期間かは分からない」と答えています。

でも、希望もあります!

スポンサードリンク

創作活動をしないという意味ではないし、

きょうここであえて発表しない隠し玉がない

という意味でもない。」

ともコメントしているからです。

さらに、

「でも、私はしばらく落ち着いてゆっくり過ごし、

癒やされる時間を持つことを楽しみにしている。

それは大切なことだから」

と続けています。

うんうん。

その通りだと思います!

ガガさんは今年31歳。

2005年19歳のデビューから12年間走り続けてこられています。

12年といえば干支ひとまわり。

ひとつのサイクルを終えて

これまでを見つめ直すことは

けしてマイナスではない気がします。

これまでアーティストとしての活動はもちろん、

社会的活動も精力的に取り組んできたガガさん。

アーティストとして自己表現だけでなく、

人のため、社会のためにはたらく姿が印象的です。

きっともともとパワフルな方でもあるし

愛情深さや使命感から、湧きおこるパワーに衝き動かされて

これまで全力で走ってこられたようにもみえます。

これからの活動休止期間で

ゆっくり休んで充電し

周りにパワーを与えるガガさんが戻ってくることを

楽しみに待っていたいと思います^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。