【年金】繰り上げ受給で減額!?総受給額では得なの?損なの?

そろそろ年金事情もリアルに気になってきた編集長もかです。

今日はそんななかでも

知らないと損する年金情報、「繰り上げ受給」について取り上げてまいります。

繰り上げ受給についてはご存じの方も多いとは思いますが

ざっくり説明すると、

年金の受給開始年齢は、基本的には65歳ですが、

申請により60歳から受給できるというもの。

ここで注意が必要なのが、

一ヶ月受給を繰り上げるごとに、受給月額が0.5%が減っていく

という点です。

と、この一文だけではいまいちピンときませんよね?

では、

60歳から受給を開始する場合、

65歳から開始するのと比べて

どのくらい受給額に差が出てくるのか?

計算してみましょう。

スポンサードリンク


まず、

5年繰り上げるとどのくらい減額されるのか?

月額0.5%減 × 60ヶ月 = 30%

つまり、

65歳から受給する場合に比べて

月額30%も減額されてしまうのです!

かなり、大きな差を生みますね・・・

次に気になるのが

受給総額

です。

月額は30%減額されたものの、

5年早く受給しているのだから

5年分は多く受給している。

実際は、何歳から損になるのか?

では、減額と受給期間から

受給総額についてみていきましょう。

スポンサードリンク

65歳から受給の満額を「1」、

60歳からの受給額は30%減の「0.7」

とし、

わかりやすくするため

一年分の満額を100万円と仮定した場合の

それぞれの年の受給総額を見ていくと、

以下のグラフのように、77歳で受給総額が逆転します。

※ちなみに、厚労省が今年1月に発表した
 標準的な夫婦(夫が40年会社勤務、妻は専業主婦)の
 年金受給月額は22万1277円とのこと。

それ以後は、受給総額の差が開く一方ですね。

【結論】

60歳から繰り上げ受給を開始した場合、

77歳の時点で
※正確には76歳8ヶ月

65歳受給開始した場合の受給総額の方が上回る。

つまり、77歳以降は長生きすればするほど損をする。
※正確には76歳9ヶ月

ということは、逆に、

余命がそれ以前とわかっている場合は・・・

ということですよね。

人それぞれにご事情があるかと思います。

失業、闘病、介護など

繰り上げ受給がやむを得ない場合もあるなか

一概に

「繰り上げ受給はやめたほうがいい!」

とはとても言えません。

ただ、少しでも先が見えた上で

選択のお役に立てればと思い記事にしました。

今後また年金事情の変更もあるかと思いますが、

またその都度できる限り書いていこうと思います。

現時点で、何かのお役に立てれば嬉しい限りです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。